愛する頌歌 › 2021年12月

PR広告

  

Posted by at

クリスマスにはどのような祝祭の習慣や伝統があるのでしょうか?

2021年12月21日



多くの中国人の心の中で、クリスマスといえば、なかなかさびしく感じられる。 しかし、クリスマス・ニューイヤーのお祭り騒ぎの中、全国にはさまざまなお祭りの習慣があり、その習慣は一様ではないので、ここで紹介する。


南半球に位置するニュージーランドは、冬の厳しい寒さの中で清々しいホワイトクリスマスを迎える北半球の大多数の国とは異なり、夏の暑い中、水着で泳ぐ真っ赤なホットなクリスマスを迎えることができるのです。 そして、ニュージーランドのクリスマスには、「パブロバ」というデザートがあり、これはぜひとも食べてみたいものです。 メレンゲをベースに、酒店自助餐推薦新鮮なホイップクリームと季節のフルーツを重ねたこのケーキは、独特の風味を持ち、ニュージーランドの人々のデザートとして知られています。


スペインでもクリスマスには七面鳥のごちそうがあり、トゥロンや甘いマジパンも食べます。 トゥーロンは簡単に言うとヌガーで、薄かったり硬かったり、食感もさまざまです。 ハードチューハイは歯応え満点、人は自分のああを選ぶ。 卵白マジパンの味は、中国のクリスピーキャンディーの一種によく似ていて、美味しくて、サクサクしていて、細かく、つまり食べ過ぎるととても乾燥するような気がします。


フランス料理は絶妙な世界観にこだわることで有名ですが、クリスマスディナーも当然そうで、フォアグラの赤ワイン煮はフランス料理の定番中の定番です。 フランスのクリスマスは栗がよく食べられるので聖誕自助餐、七面鳥と栗もフランスのクリスマスの食卓では定番で美味しいです。 美味しい生のラタトゥイユ、赤熱のラングスティーヌ、美味しいブラックキャビアなど、クリスマスディナーという大勝負には事欠かないフランスですが、フランスのクリスマスにはぜひとも食べていただきたいデザートがあります。 こちらもロマンチックなストーリーを持つツリーポールケーキ。 その昔、ある青年が貧しくてクリスマスプレゼントを買うことができず、恋人に木切れを贈ったところ、なんと昇進して給料が上がり、出世してしまったという話から、この種のケーキには、来年の幸運を祈る意味もあるそうです。


中国人が旧正月のディナーを楽しむように、欧米人もクリスマスには家族の団欒とお祝いの食事を大切にし、七面鳥が定番で、スモークハム、クリスマスサーモン、クリスマスプディングなどが食卓に並びます。 鮭は主食系で栄養価の高い食品です。 魚はタンパク質とオメガ3系オレイン酸を多く含み、低脂肪であることが特徴です。 魚の色はオレンジ色で、肉質が鋭い種類ですが、脂肪分の多い野生の植物が少量入っています。 鮭の食べ方はさまざまで、欧米では熱や冷で燻製にしたスモークサーモンを作る。 燻製した魚に無塩バターをのせ、フレッシュなレモネードと一緒に食べるのが一般的だ。


スモークハムは、クリスマスディナーの中で最も伝統的な料理といえるでしょう。 取りやすいだけでなく、お祝いの席で食べる人数が多くても対応でき、たとえ食べ残しがあっても安心です。 スモークしたロースハムには、純粋なハチミツやチェリーグァバペーストなど、軽い甘さのソースが添えられることが多い。 生ハムに合わせるビールには、ある種の甘いソースを使うと完璧な組み合わせになるので、スモークハムの甘くてクリーミーな味を調和させるために、少し強めで色気のある赤ワインを選ぶことが重要です。


ケーキは普段もお祝いのメニューにも欠かせないものですが、クリスマスも外せません。クリスマスケーキのキースタイルのひとつにチョコレートがあり、この時期にはほとんどの家庭でチョコレートを使ったケーキが作られます。 よくクリスマスケーキを美味しそうに作る人がいますよね。 メリークリスマス」と書かれたホイップクリームやアップルソースがトッピングされ、その周りには特製のクリスマスキャンドルが飾られています。 ろうそくの長さは3、4センチと精巧だが、色とりどりの美しい素材が使われており、中には螺旋状のものもある。 火をつけたら、主人が消して、ケーキをみんなで分け合う。 さらに、聖書の三賢人にちなんで、ケーキの中に大豆を3粒入れて、大豆を食べた人が「三賢人」になるそうで、とても興味深いです。


関連記事:


聖誕節怎么過?這10個國家都各有小妙招


聖誕要那樣過才精彩紛呈!


聖誕,怎么玩才可以更爛漫呢?


  


Posted by annabelle at 16:09Comments(0)ガストロノミー