愛する頌歌 › 企業が銀行からお金を借りるには、どのような手続きが必要ですか?

企業が銀行からお金を借りるには、どのような手続きが必要ですか?

2022年09月07日

では、企業が金融機関から融資を受けるには

カンパニーローンとは、企業の生産活動や業務改善のために、十大升幅の金融事業者から所定の年利と期間で借り入れる方法です。 では、企業が金融機関から融資を受けるには、どのような手順を踏めばよいのでしょうか。

融資の申し込み手続き。 借り手が融資を必要とする場合は、直ちにその金融機関等の私人貸款利率込む。 借り手は、借入金額、主な借入目的、返済能力、返済方法などの借入申込書を作成し、書類を提出します。

金融機関では、申込みを確認するためのヒアリングを実施します。

金融機関は、お客様から提出されたローン申込書および関連資料を受領後、お客様の状況の確認を行い、金融機関の融資基準と比較し、銀行信用関係を構築するための基準を有するかどうかを識別します。

借入人の信用度 信用格付は、借入人の経営の質、経済力、資産構成、業績、営業経済効率、開発見通し等を考慮して評価する必要があります。格付けは、貸出人が独自に内部で行う場合と、所轄官庁に認可された資産評価機関が行う場合がある。

融資の調査 貸主は、借主の申込書を審査・処理した後、借主の信用度、融資の妥当性、安全係数、収益性を調査し、質権・担保・保証人の状況を確認して融資のリスクを測定します。 検証者は、所定の管理権限に基づき、調査者から提供された情報を検証・評価し、貸付のリスクの程度を再確認し、明確な提言を行い、承認するものとする。

ローン契約の締結 金融機関は、融資申込書を審査した結果、借り手が融資条件を満たし、融資する意思があると判断した場合、借り手と融資契約を締結する。 借入契約では、借入金の種類、主な目的、金額、年利、期間、返済方法、相手方の支配と責任、契約違反の責任、その他相手方が約束する必要があると考える事項を約束する必要があります。

法人向け融資の調剤 貸し手は、時間ネットワークローンを派遣することができますローンの条件の契約管理を実施することが要求されます。 貸主は、契約書において約束した期日に融資を発送できなかった場合、債務不履行を弁済するものとします。 契約書の約束通りにローンを利用しない借り手は、長期契約の債務不履行を返済する必要があります。

貸出後の確認。 ローン会社が派遣した後、貸し手は、借り手の企業ローン契約書状況や借り手の生産・開発事業活動の実施状況を調査・確認する作業フォローアップを実施する。

返済のことです。借主は、ローン契約の内容に従い、ローンの元本および利息を全額かつ期限通りに返済するものとします。貸手は、短期貸付金については満期の1週間前、中・長期貸付金については満期の1カ月前に利払通知を借手にプッシュし、借手は直ちに資産計画を立て、期限内に利払いをしなければなりません。延滞債権について、貸金業者は督促状を発行し、延滞債権を元利均等に回収するものとする。融資契約で合意した所定の期間内に返済できない融資については、貸主は、規定どおり融資利息に違約金を加算する。融資の返済または利息支払事項の履行ができない場合、貸主は、規定どおり返済を促すか、訴訟を開始することができる。借手は、貸手と繰り上げ返済について交渉するものとします。

法人および個人事業主への融資については、以下の原材料を提供すること。

IDカード:第2世代IDカード(法人法人、個人世帯、出資比率20%の企業株主向け)。

居住証明:自宅の住所を証明するもの(電気代/水道代/天然ガス代/電話代など)、経営主体検討の確認書(事業賃貸契約書など)

個人所得を証明するもの:過去6ヶ月間、公的または私的な口座に流入しているお金。

事業運営を証明するもの:会社の営業許可証または組織コード。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。